Top > ほくろを除去した後のトラブル

ほくろを除去した後のトラブル

ほくろの除去にはいろいろな方法がありますが、どの方法を選んでも傷痕ができます。ほくろの大きさや手術の方法によってその傷痕は違いがあります。通常、ほくろの除去術をした後の傷が目立たない程度に消えるのには一年くらいかかると言われています。
メスによるほくろの除去治療を受けた後の傷は、出来ていたほくろの2倍から3倍の大きさだと言われています。傷の形状はまっすぐで、時間が経つとしわのように見えるので違和感が残らないようですし、時と共に目立たなくようになるようです。
顔でしわが出来る部分に出来たほくろを取る場合には、しわと同化できる傷痕は目立たないと言われています。
ほくろ除去後のトラブルが多いと言われているのは、炭酸ガスレーザーを使って行われたケースです。炭酸ガスレーザーは痛みを伴わない(麻酔するため)方法ですが、医師の技術が未熟だとやけどの跡のようなケロイド状の傷痕が残ることや、施術部分が白くテカテカした状態になってしまうケースが報告されています。
ほくろの除去は、顔などの目立つところに出来て気にしている人が取り組む人が多いので、このような傷痕が顔に残ってしまうのは許せないことでしょう。
後になってトラブルに発展しないためにも、施術後に起こりうるトラブルについて、またそのトラブルの頻度などを詳しく調べておく必要があります。

 

 骨盤ダイエット5  骨盤ダイエット6  骨盤ダイエット7  七五三1
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
ほくろの除去方法(2009年6月 5日)
ほくろの除去で人気のクリニック(2009年6月 5日)
ほくろの除去を自分でする方法(2009年6月 5日)
ほくろを除去する前に ほくろと紫外線(2009年6月 5日)
ほくろを除去する前に知っておこう(2009年6月 5日)