Top > ほくろ除去後のケア

ほくろ除去後のケア

ほくろを除去した後はどのような事に気をつければ良いのでしょうか。ほくろはシミを治療したときと同じように注意することがあります。それは治療を施した傷痕が紫外線にさらされないようにすることです。
ほくろの除去を受けた人が満足する結果を得るためには、手術などの技術が高いだけでは成功しないと言われています。傷痕が綺麗になるためには術後のケアがとても大切なのです。手術を受けたからと安心してケアを怠ると、傷痕が目立ってしまうなどの新たなトラブルを招いてしまうのです。
ほくろは除去法によって傷痕が違います。しかしその傷痕はケアをすることによって消えていくものです。傷の周りが赤くなっていたり、黒ずんでしまうことはアフターケアさえしっかりすれば消えてしまいます。
ほくろの除去後、傷痕に小さなテープを貼ることになります。これはサンプロテクターと言い、紫外線にあたらないように傷口を保護してくれます。傷口の皮膚が周りの肌と同じ状態まで回復すると言われる約半年の間紫外線をブロックするのです。
サンプロテクターだけでなく、美白クリームやローション、日焼け止めなどを組み合わせて紫外線対策をしていきます。紫外線対策をいい加減にしてしまうと、色素沈着してしまい、シミになってしまうのです。

 

 骨盤ダイエット1  骨盤ダイエット2  骨盤ダイエット3  骨盤ダイエット4
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
ほくろの除去方法(2009年6月 5日)
ほくろの除去で人気のクリニック(2009年6月 5日)
ほくろの除去を自分でする方法(2009年6月 5日)
ほくろを除去する前に ほくろと紫外線(2009年6月 5日)
ほくろを除去する前に知っておこう(2009年6月 5日)